理念

 日本人の自覚症状には、「肩こり」が上位に挙げられており、なかなか具体的な改善法がありませんでした。
これまでは、「肩こりは肩を揉む」というのが一般的でしたが、
ハンドヨガ協会は、日常一番よく使う「手」に着目し肩こりとそれに関連する諸症状を改善する「ハンドヨガ」を考案しました。
老若男女問わず、誰でも簡単に肩こりを改善することが出来ます。
年齢と共にカラダが硬くなってきた方には、機能改善の具体的な方法を、肩こりで疲れた顔をしている人には、スッキリ感とリフトアップを体験していただけることでしょう。
ハンドヨガ協会は、ハンドヨガを知っていただき、辛い時にはいつでも使え、痛みや不安に効果的であるこの方法が皆様にとって「肩こりの常備薬」となることを願っています。
カラダの仕組みに基づき誕生したハンドヨガは、自分で肩こりを改善するためのセルフハンドヨガマスターコースと利益を得るための施術コース、そしてハンドヨガを教える・育てるインストラクター・講師コースの3タイプを展開しています。
ハンドヨガ協会は、誰もが元気で笑顔で暮らせるために、これからやってくる超高齢化問題、医療費節減と健康寿命の延長、未病コンシェルジュとして貢献して参ります。

ハンドヨガ協会 理事長 中川由美